内科で行なわれている治療とは{病気の治癒に必要なドクター}

血液のガン白血病

点滴

血液のガンと言われている白血病ですが、どのような病気でその治療の取り組みにはどんなものがあるのでしょうか。今回はこの白血病について紹介していきたいと思います。 まず白血病と血液が骨髄で作られるときにガン化してしまう病気です。この病気にかかってしまうと、貧血や免疫力の重度の低下や脾臓の肥大といった命に直接かかわるような深刻な症状を引き起こしてしまします。 この治療法の取り組みにはどのようなものがあるのでしょうか。 まず最初に行うものが、複数の抗がん剤を組み合わせて投与する両方を実施します。こらは一般に寛解導入療法といいます。この治療で正常の血液が作られるようになったら次の治療に移ります。寛解したといってもまた再発する恐れは十二分にありますので、継続して白血病細胞をゼロにするための治療が必須です。これを寛解後療法と呼びます。

上記のような治療を行うには、早期発見と医師の適切な診断が必要です。白血病にも様々な種類がありそれによって組み合わせる抗がん剤も変わってきます。この最大のデメリットは副作用が強いということです。白血病細胞を殺すためにこの治療をするのですが、正常な血液細胞にも害をなしてしまうために輸血による血液の補充が必要になります。また、このことから免疫力が極端に落ちてしまいます。その他にも吐き気や脱毛、下痢などの副作用があります。しかし、現状ではこの方法による治療法が一番効果的であるので、患者さんはこのきつい副作用に耐えなければなりません。 そして、寛解後も一番怖いものががん再発です。再発してしまうと化学療法だけでは治癒は見込めずに移植がただ一つの治療となります。 このように白血病はとても恐ろしいものですので、早期発見がとても大事になってくるのです。