内科で行なわれている治療とは{病気の治癒に必要なドクター}

透析の治療

医療器具

透析の治療は、簡単にいうと1回4時間の点滴を受けていると考えるといいです。それほど怖い治療ではないので、安心して治療が出来ます。透析を始める時に、針を2本刺しますので、この時の針を刺す時の痛みさえがまんする事で通常は、透析をしている間は患者さんはテレビを見たり、ラジオを聴いたり、本を読んだりしてリラックスした状態で治療が出来ます。治療に関わる費用は一般的には40万円から50万円で、1年間にすると400万から500万円と高額な治療費になりますが、日本では保険制度によって月1万円程度の負担で済みます。この治療を行う一般的な方法としては、1回4時間で週3回の治療を行います。具体的には会社勤めの方などは、月曜日、水曜日、金曜日に仕事が終わってから夜6時から10時まで、会社の近くの透析のクリニックなどで治療を受けるという事になります。

腎臓病になってしまった方々は、対処法として2つあります。一つは腎臓移植で、腎臓を自分の身体に移植する方法になります。しかし腎移植は、腎臓を提供するドナーなしに行えないという根本的な問題があります。また法的制度の問題などもあり、腎臓の移植は現段階ではなかなか普及しずらい状況にあります。もう一つが透析療法といわれるもので、透析療法は機械で人工的に身体の中の血液をきれいにする治療になります。腎臓の働きがなくなった患者さんは大部分が、この透析療法を行っている事で一番望まれる治療の方法になります。透析をする事によって、永遠の腎臓を手に入れたも同然になるからです。現代は最先端の技術が生かされた透析治療が多くの医療現場で行われているからです。